タイトルというアイテムについて私なりに真剣に考えてみた

身は20代くらいまで自分の氏名が大して好きではありませんでした。そのため睦まじい仲良しからでも下の氏名より苗字で呼ばれることを望んでいました。理由はさぞかし夫人らしき氏名が嫌だったからだ。身は夫人なので、だったら夫人らしき氏名でよろしいではないかと思う第三者もいると思いますが、当時の身はそれがやけに嫌だったのです。
しかし氏名というのはその人の金字塔身近な拠り所であるというストーリーを聴き、身は考え直しました。もう一度本当のことを言うと、そのストーリーを訊くちょっと前から「自分の氏名を嫌がるのは、自分の生活にとって良くないのではないか」とぼんやり覚えるようになっていたので、真におすすめ際でした。
拠り所というのは大事にして当然の産物なので、氏名がその人の拠り所だというのなら堂々と誰に気兼ねすることなく大事にすることができます。やっぱりここを否定することは自分の否認だけにとどまらず、産んでくれた親や、キャラクターというものを作ってくれたいわゆる女神的付属までも否定することに達するのではないかと思ってしまいました。

小学1年生の習い事(イマドキの子供は慌ただしい!)

キッズが小学校になり、周りの方がほとんど習い事をしていて、それも数個かけもちやることに驚きました。昔は勉強の宿題をして可愛らしく遊びに行っていましたが、今は習い事をやる方が手広くそれぞれがあいていらっしゃる太陽に遂に喜べるとこのこと。そういった状況が、仲良し関係の災いに繋がると聞きました。勉強での受講だけではなく遊びの中で学ぶ様々なことがありますよね。仲良しを気遣う時、こういうことは言ってはいけない、してはいけないなど。それが、今は遊びが減少しているので気遣いが分からなくなってきていて、そこに父母が出てきて災いが大きくなっていくそうです。仕方ないとはいえ、正にかわいそうですね。わが方も周りの習い事レートの高さに小1ながら焦ったのか自分も習い事をしたいと言い出しました。習い事は焦って必ずやるものではなく、したいと思ったままやるものだよとは伝えているのですが、狭いながらに「単独は忙しないクライアント」というのが美しく見えてあるような気もしました。http://xn--vio-qi4btbzvkc.xyz/